無呼吸症候群の症状の比較<グッスリネタイ>

医者

閉塞性タイプ

閉塞性の無呼吸症候群

看護師

最も一般的な無呼吸症候群は閉塞性の睡眠時無呼吸症候群になります。
そのの兆候については下記の症状が出ている場合に、その発症が疑われます。
・夜寝ている時に激しいいびきをかく
・夜寝ている最中に途中で何度も起きてしまう
・よく寝たはずなのに、昼間ひどい眠気がある
・朝起きたときに、のどの渇きがある
・朝起きたときに、頭が痛い
・血糖値が高い
・血圧が高い
・疲労感がある
・集中力の低下
などがあり、具体的な症状としては寝ている時に突然呼吸が止まる状態が10秒以上続く、いびきをかいた後に息が詰まる状態や息切れの状態を起こします。
このような症状が発生した場合は、専門の病院で検査をするようにして下さい。

睡眠時無呼吸症候群や他の睡眠に関する病気を診断するための診断方法としては、ポリソノムグラフィーと呼ばれる機械を使用する方法が一般的です。
この機械を使用して、呼吸の状況、心電図、脳波の状況、体内の酸素濃度の測定を行い、睡眠時無呼吸症候群の検査を行います。
装置を付けて実際に一晩睡眠をすることにより、睡眠時の呼吸の状況などをモニタリングしますが、検査に多くの時間を要するため、専門の限られた病院にしか、この機械は設置されていません。